水道修理のための元栓の基本

蛇口 交換などの水道修理をする際は、水道の元栓を締めてから作業を開始します。漏水の勢いが強いときの応急処置としても役立ちますので、ここで、基本的な事項について確認しておきましょう。なお、水道の栓には、家全体の水道を遮断するための元栓と蛇口ごとの水を遮断するための止水栓と呼ばれるものが存在します。

■家全体の水道を遮断する方法

家全体の水道を遮断するためには、大元となっている元栓を閉じないといけません。戸建て住宅の場合は、敷地内に設けられている水道メーター内部、または、水道メーター横のボックス内につまみを見つけることができます。つまみの形状は、円形かコック状になっていますが、どちらも時計方向にひねることで水の流れが遮断できる構造になってます。また、マンションやビルなどの集合住宅の場合は、玄関ドアの横に設置されているメーターボックスの内側に室内全体の元栓があります。戸建て住宅の場合と同じく、つまみを時計方向にひねって水の流れを遮断します。

■水を止めずに蛇口 交換する危険性について

止水栓や元栓を閉めずに蛇口の交換をしようとすると、ナットが外れたタイミングで大量の水が噴き出します。建物内であれば、室内が水浸しになりますし、フローリングや家具等にダメージを与えることは確実です。
元栓が見つからないからといって、手順を省くのではなく、無理をせずにプロに修理を依頼することも考えましょう。かえって損害が大きくなり取り返しがつかなくなることもありますので、元栓を閉めるまでは、蛇口のナットを緩めないようにしましょう。

■まとめ
水道トラブルの応急処置として元栓を閉めることは大切ですが、まれに固くてひねることができなくなっていることがあります。ペンチなどの工具を使用して回す方法もありますが、安全第一で作業することが大切です。水漏れの程度がひどくない場合、緊急でない場合については、元栓を閉める作業もプロに任せてしまっても良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ