配管の水道修理をするために必要な工具類

水道 工事を自分で行えば出費が抑えられるというメリットがありますが、工具を揃えないといけないという問題が生じます。配管の不具合を自分で直そうとする場合は、作業で必要となる専用の工具を用意する必要があります。基本的なドライバーやスパナ類、各種ペンチなどは自宅に用意している場合が多いので、それ以外に必要となる専用工具について紹介します。

■つかむために必要な工具

水道管の修理をする際には、管をしっかりと固定して作業を行う必要があります。継ぎ手を取り外したり逆に取り付ける際には、パイプレンチとコーナーパイプレンチ、コンビネーションプライヤーが必要になります。さらに、ウォーターポンププライヤーという工具が必要になることも多いので、DIYで作業をする際には用意しておいた方が良いでしょう。


■配管を切るための工具

工事をする際には、水道管や給湯器の銅管、あるいは塩ビ管などのパイプを切るための工具も必要になります。基本的なパイプを切断するための工具としては、最低限、塩ビパイプカッター、塩ビパイプ鋸、チューブカッターを揃えておく必要があります。さらに、金属製の板などを切断することも考えられる場合は、金切りバサミや金属用のこぎりがなければ作業が進められないこともあります。これらの基本的な工具、切断する工具の他にも、スクレーパーやステンレス製のブラシ、さまざまなサイズのハンマーなども必要になることがあります。

■まとめ
これらの専門工具の中には100円ショップで用意できるものもありますが、すぐに壊れて使い物にならないことがあるのも事実です。そのため、しっかりと水道のトラブル解消のために作業をしたいのであれば、修理に必要な工具についても、ホームセンターなどでプロが使用するしっかりとしたものを選び、安全に作業できる環境を整えることが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ