水道修理の基本的な確認事項

水道修理の基本的な確認事項 水道 修理が必要になったときは、誰でも少し慌ててしまうものです。しかし、漏水やつまりといった現在の状況について確認し、工事を依頼するのか自分で直すのかを判断する必要があります。冷静に状況を把握できれば自然と不安もなくなります。ここでは、水道の修理を専門業者に依頼する場合と自分で直す場合の、それぞれのチェックポイント、および、依頼した場合の費用の目安などについて紹介してます。


■修理を依頼する前のチェック事項

まず、水道工事の専門業者に作業を依頼するかどうかにかかわらず、不具合が起きている箇所の状況の整理を行う必要があります。漏水によるトラブルなら原因の箇所を特定して、漏れ出している水の量の多さや止水栓、水道元栓で漏れを止めることができるか、ということをチェックしていきます。その後、インターネットのサービス、検索エンジンなどを利用して、工事業者の評判について調べます。このときに評判について確認する項目は、価格、スタッフの態度、対応の早さなどです。その後、実際に電話やインターネットで問い合わせを行い、いつ対応してくれて、費用の目安がいくらなのかを確認します。時間に余裕があれば、2社から3社くらいに相談して見積もりをとると安心できます。

■水道の修理をどこまで自分でできるのか
修繕にかかる費用を節約するために、DIYでできるかという問題がありますが、時間と必要になる工具の観点から総合的に判断する必要があります。まず、時間ですが、比較的簡単な蛇口のパッキン交換程度の作業なら1時間もかからずに修理することができます。しかし、配管からの漏水など、作業時間がかかりそうなトラブルの場合は、1日かけても修理が完了しないことも考えられます。トラブルの箇所にもよりますが、価格の高いトルクレンチや高圧洗浄機が必要になる場合だと、工具を揃えるよりも業者に依頼した方が安くなることもあります。
自分で直そうと思っている場合は、作業手順をしっかりと確認した上で、費用対効果の観点でメリットがあるかどうかを確認するようにしてください。

水道 修理料金の目安

水道工事の料金の目安は、あくまでも状況による、というのが実情です。しかし、大手業者の最低料金が8,000円から1万円程度に設定されているので、30分以内に作業が完了し、材料費が高額にならないトラブルなら1万円前後で直してもらえる、と考えられます。
ただし、水道のトラブルが生じたのが夜間や早朝の場合は、緊急出動してもらえた場合でも割増料金が発生することがあります。夜間や早朝の割増料金も考慮した場合は、1万円から1万5千円が最低限かかる費用だと推測できます。ただし、水道業者に工事の見積もりをしてもらった段階で納得できない場合は、費用が1円もかからずにキャンセルできるサービスがあります。事前にキャンセルした場合の費用についても確認しておけば、さらに安心して水道修理の依頼ができるようになります。

■まとめ
緊急で修繕が必要な場合は、全国に対応している大手のサービスを選ぶのがポイントです。大手のサービスなら加盟する事業者に一定の審査基準を設けていますし、質の悪い事業者を排除しているので、一定以上の品質のサービスが受けられます。自分で工事を頼む業者を見つける場合、DIYで修理にチャレンジする場合でも、できるだけたくさんの情報を調べた上で検討するのがポイントです。どんなに慌てている状況でも、修理を依頼しなければ良かった、という結果になることだけは避けたいものです。まずは、落ち着いて今の状況を把握し、業者に依頼するのか、それとも自分で直すのか、というところから決めてみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース